留学生のひとりごと

ロンドンでのバイトは語学習得の最大のチャンス!

語学留学生 ミーコさん(27歳女性)
ロンドンはとにかく物価が高くて、せっかく来たのにそのせいでやりたいことも我慢なんてもったいないですよね。もちろん勉強はおろそかに出来ませんが、ちょっと空いた時間に働くことで、金銭面の他にも、いろんな人に出会えたり(特にロンドンなんて世界中の人たちと知り合う絶好のチャンスの場です。)、日本では経験できないような事がたくさん出来ます。私がロンドンに来て最初に働いた先は日系のレストランでした。日本人以外にも外国人のお客さんももちろんいて、最初は注文を取るだけで必死でしたが、数ヵ月後には日本の文化についての説明なんかも出来るようになっていました。またたくさんの友達が出来たり、そのことが私のロンドン生活をより充実させていたと思います。学生ビザであれば週20時間、ホリデー中なら週40時間まで働くことが出来ます。英系でも日系でも、レストランやカフェ、その他専門職など働き口はたくさんあるし、週1日からでも英語にまだまだ自信のない人でも未経験でも何でもやる気さえあれば働けます。是非トライしてみてください。

 日本の洗剤では物足りない?イギリスの洗濯事情!


語学留学生 K・Mさん(27歳女性)
イギリスでは、日本ほど洗濯事情がよくありません。まず洗濯機の性能が悪く、しかもだいたい、2時間は回りっぱなしです。洗剤は、最初は匂いがとてもきつく感じられますが、慣れてくると日本の洗剤ぐらいの匂いでは物足りなくなることも。干す場所はだいたい室内で、お天気がいいとお庭に干したりもします。少々の雨が降っても取り込むこともなく、そのまま自然乾燥をすることが多いようです。日本とは違って週に1~2回だけ洗濯をします。フラットシェアの場合など家に洗濯機がないこともよくあって、その場合、コインランドリーを利用することになります。場所だったり、乾燥機を使うかどうかで変わってきますが、だいたい£5ぐらいですかねぇ。ちなみに、私は自分のフラットに洗濯機がなかった頃、毎週お友達の家に洗濯物を抱えて行って、洗濯をさせてもらい、その間にご飯をごちそうになっていました。途中からご飯を食べさせてもらうついでに洗濯?になってたかも。たこ足やネットがあるととても便利なので、是非日本から持参してください。


 日本と逆やないか?黒猫が前を横切ると縁起がいい!


語学留学生  F・Sさん(31歳男性)
日本では黒猫が自分の前を横切ると縁起が悪いなんて言われとるけど、イギリスでは縁起がええんだって。ホントかな?この猫は近所に住む猫です。名前は「ニャン太君」と名付けました。毎日、ゴロゴロして暇そうだから、何しとる?と、猫に声をかけたら「ニャンでもねー!」だって!イギリスの猫は態度が悪いです。

 ある日突然テレビの内容がわかった!


語学留学生 K・Cさん(38歳男性)
何と言うことでしょう!!ロンドン生活をはじめてから3ヶ月を過ぎた頃でしょうか、テレビを見ていたら突然テレビの内容がわかってしまった自分に感動しました。ミラクルは本当に起きるのですね!!

 イギリス伝統料理 幻のフィッシュ・アンド・チップスに感動!!


専門学校生  K・Iさん(22歳男性)
ロンドンに住む友人に幻のフィッシュアンドチップスの店を教えてもらい、さっそく食べに行きました。他の店より値段は高めですがこれはお勧めです。油っぽくなく歯ごたえもバツグン、とてもおいしかったです。一度試してみてはいかがですか?場所はレスタースクエアの近くです。レストランの名前と住所がわかったらメールします。

 ふと気が付くと英語を話す私がそこにいた!


専門学校生  K・Mさん(28歳女性)
イギリス留学は2回目で今年10月に渡英しました。はじめての留学は個人で情報を集め自分で入学許可証など手続きをしました。やはり結果はロンドン到着のその日からトラブルの連続。今度留学する時は留学エージェントにお願いすると決意。で、留学センターに手配を依頼しました。イギリス、特にロンドンに強く安心してお願いすることができ感謝しています。外国人の友人もでき、英語で話ができるようなりました。

 なんと!トイレットペーパーがめちゃめちゃ高い!

語学留学生  Y・Iさん(35歳女性)
ある日スーパーでトイレットペーパーを買おうと思った時のこと、あまりの高さにビックリ!素材にもよるのですが、だいたい9個で4.75ポンド(約1100円)。
その日以来、一回に使う長さは30センチと決め、節約につとめています。日本のものは本当にいいですね。留学するときは日本から持ってくることをお勧めします。

 思わず赤面! えっ!アメリカ英語とイギリス英語が違うの?


語学留学生  K・Tさん(31歳女性)
イギリス到着後、はじめてロンドン市内の中心部に行ったときにある看板を発見、そのには「centre」と書いてありました。ヤッター!間違いを発見したと思い友達に自慢したところ、これはイギリス英語で「center」はアメリカ英語だよ、と言われ思わず赤面してしまいました。右の写真は学校近くのナショナル・ギャラリーです。世界の名画がタダで見えるので、毎日通っています。旅行ではこんなことできないから、本当の贅沢ですね。

 日常生活の英語こそ、本当の英会話


語学留学生  T・Sさん(29歳女性)
日本で英会話スクールに2年ほど通い自信満々で渡英・留学。でも、日本で学んできたこととのあまりにものギャップに驚きました。学校では、英語らしく巻き舌で発音しようとすればするほど「アメリカ英語だ」と注意される毎日。しばらく話すことができなくなって落ち込みました。そう、日本での学ぶ英会話はアメリカ英語だったんです。そんな私も一年たち、今ではイギリス人の友人もでき楽しく過ごしています。英会話スクールの英会話は所詮そこだけのもの。実際に日常で使うことがいかにいいかかということを実感してます。

 知らなかった!スペルが違う、アメリカ英語とイギリス英語


ロンドン大学卒 鈴木 一路さん(31歳男性)
イギリス英語とアメリカ英語の違いですが、例えば、綴りでいえば、Color (American) と Colour (British)、Harbor (American) と Harbour (British) などがあります。それと、イギリスでは、 Realise のように、 アメリカ英語では ---ze で終わる単語を ---se と書く人が多いです。  
次に、単語の違いを言うと、地下鉄のことをアメリカでは Subway と言いますが、イギリスでは Underground あるいは Tube と言います。